もちの自由気ままライフ。

見た目は子供、中身も子供なのんびり主婦ブログ

【マンダロリアン】あらすじ&ネタバレ!チャプター11(シーズン2第3話)

スポンサーリンク

f:id:mochimochifreedom:20201112223453j:plain

スターウォーズファンが待ちに待った、スターウォーズ実写版ドラマ『マンダロリアンが、Disney+にて配信されました!

 

今回は、そのシーズン2第3話となるチャプター11あらすじや小ネタを紹介したいと思います☆

なんとチャプター11では、ついにあのジェダイの登場が明らかとなります!!

 

※このブログは、ネタバレを含みますのでご注意ください!

 

【マンダロリアン】あらすじ&ネタバレ!チャプター11(シーズン2第3話)

あらすじ

チャプター11「後継者」

マンダロリアンのマンドーが、ベビーヨーダことザ・チャイルドを仲間の元へ帰すための旅が続いている。

 

マンドーは、ザ・チャイルドの故郷の情報を手に入れるべく、他のマンダロリアンの力を借りようと考えていた。

 

そこで出会ったのが、マンダロリアンのアジトを知っているという、カエルのようなクリーチャーの女性(フロッグ・レディ)だ。

マンドーは、情報の見返りに彼女をコル・アイベン星系の衛星トラスクにいる、夫の元へ連れていくというミッションになんとか成功した。

 

乗ってきたレイザー・クレストの修理依頼を済ませると、マンドーはマンダロリアンのアジトの情報を得るため、フロッグ・レディの夫から教えてもらった店へと足を運ぶ。

 

そこでその店の店員のモン・カラマリは、マンダロリアンの居場所を知るというクオレンというイカ頭のクリーチャーを紹介してくれた。

 

クオレンは少し沖に出たところにマンダロリアンのアジトがあると言い、マンドーとザ・チャイルドを船に乗せた。

 

しかし、これはべスカー(マンダロリアンの鋼)を狙った罠だった。

船の生けすにいるママコアというクリーチャーが餌を食べる所を見せてやるといい、ザ・チャイルドをフローティング・ポットごと突き落としてしまったのだ。

 

すると、突如として3人のマンダロリアンが現れ、クオレンを一掃し2人を救出。

3人のマンダロリアンの名は、アックス・ウォーヴス、レディ=ボ・カターン・クライズ、コスカ・リーヴスといった。

 

彼らはマンダロリアンのヘルメットを取り、マンドーは「チルドレン・オブ・ザ・ウォッチ」というマンダロリアンの社会から離反したカルト教団だと言った。

 

それを聞いたマンドーは「生き方は一つしかない。マンダロアの道だ」と言い、ジェット・パックでその場から去っていった。

 

その夜、クオレンの兄弟が敵討ちのため、マンドーを倒そうと取り囲んできた。

そこにボ=カターン・クライズらが現れ、兄弟を殺したのは私だと言うとクオレン集団をせん滅した。

 

マンドーに団結しようと呼びかけるボ=カターンだが、マンドーはザ・チャイルドを仲間の元へ帰すことしか考えていなかった。

 

ボ=カターンはジェダイに1人当てがあることを告げると、その代わりに任務に協力するよう求めてきた。

 

その任務は、帝国軍の残党がボ=カターンの星から略奪した武器を奪い返すこと。

マンドーらは、帝国軍の貨物船に奇襲攻撃をかけ、船をほぼ制圧することに成功する。

 

船の操縦室へと乗り込むと、船長を捕らえたボ=カターンはダーク・セーバーの在りかを聞き出そうとする。

 

アソーカ・タノジェダイの登場!

ホットトイズ テレビ・マスターピース スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ アソーカ・タノ 1/6スケールフィギュア 青

この回で明らかとなったのが、前々からネットでも噂されていたアソーカ・タノの登場です!

 

アソーカ・タノは、アナキン・スカイウォーカーの元パダワンで、カラフルな皮膚と角が生えたような頭が特徴的なトグルータという種族の女性です。

f:id:mochimochifreedom:20200208224013j:plain

スターウォーズ公式サイトより

明るく無鉄砲な性格がキュートな、スターウォーズの中でも男女問わず人気のあるキャラクターですね♪

 

アソーカ・タノは、スターウォーズシリーズでは「スターウォーズ/クローン・ウォーズ」のアニメ版に登場していますが、実写版では今回の『マンダロリアン』が初登場となります! 

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ [Blu-ray]

 

次回、チャプター12で初登場となるのでしょうか!?めちゃくちゃ楽しみですね!!

 

ダーク・セーバーとは

今回、ボ=カターンが帝国軍の船長を捕らえた時に出たワードがダークセーバー

 

ダーク・セイバーは、ジェダイ・オーダーに加わった最初のマンダロリアン、ター・ヴィズラが1000年以上前に作ったもので、黒いブレードを放出する古代ライトセーバー

 

黒いダーク・セーバーなんてかっこよすぎますね!!!

 

これを使ってマンダロア全土を支配したこともあり、今でもマンダロリアンから重んじられています。

 

アニメ「反乱者たち」ではすでに登場していますが、『マンダロリアン』で実写版ダークセーバーを使った闘いが見られるかもしれませんね!

スター・ウォーズ 反乱者たち ファイナル・シーズン BDコンプリート・セット [Blu-ray]

ちなみに、シーズン1チャプター8のエンディングで、モフ・ギデオンが手にしていたものがダーク・セーバーだと思われるので、今は帝国軍が所有しているということになります。

 

「チルドレン・オブ・ザ・ウォッチ」

ボ=カターンの口から飛び出したワード「チルドレン・オブ・ザ・ウォッチ」

 

「チルドレン・オブ・ザ・ウォッチ」は、古代マンダロリアンの生き方を目指し、マンダロリアン社会から離反したカルト教団のこと。

 

ボ=カターンら3人のマンダロリアンが、すんなりヘルメットを外したのに対し、マンドーは外では決してヘルメットを外して素顔を見せません。

マンドーの中では、それこそがマンダロリアンの教えでありポリシーであるが、ボ=カターンらはそれを異端だとみなしていました。

 

まだまだ謎多きマンダロリアンですが、マンドーがマンダロリアンカルト教団の一員であったことがここで明らかとなりました。

 

アクバーの再来?!

f:id:mochimochifreedom:20201117200520j:plain

スターウォーズ公式サイトより

チャプター11では、あのアクバーと同種族モン・カラマリが登場します。

 

アクバーは、「エピソード6/ジェダイの帰還」のデス・スターへの攻撃(エンドアの戦い)で、新共和国軍の旗艦にて指揮官として活躍しました。

 

『マンダロリアン』ではシーズン1から通して、様々な種族のクリーチャーが数多く登場するので、そこも楽しみの一つです♪

 

チャプター11の舞台は、海に囲まれた港町ということもあるせいか、イカやタコのような見た目のクオレンやモン・カラマリといったクリーチャーが多く登場しました。

 

ベビーヨーダとフロッグ・レディ

ベビーヨーダこと、ザ・チャイルドは相変わらずの可愛さを放っています♡

 

帝国軍の船に奇襲攻撃をかける前に、マンドーはフロッグ・レディにベビーヨーダの子守をお願いします。

 

また前回のようにフロッグ・レディの卵をパクパク食べないか心配でしたが、無事に卵からおたまじゃくしのような赤ちゃんが孵化します。

 

産まれた赤ちゃんを見て驚いた様子のベビーヨーダがめちゃくちゃ愛くるしい♡

フロッグ・レディも、まるで近所のおばさんのような顔でベビーヨーダを見ています。(あんなに卵を食べられたのに・・・(笑))

 

無事マンドーが任務から戻り、再び旅立つことになった時は、おたまじゃくしの赤ちゃんと別れるのが名残惜しいベビーヨーダだったのでした。