もちの自由気ままライフ。

塩サバを味噌で煮込むドジ嫁のブログ。

【インココネイルシール】乾燥して硬くなってしまった時に復活させる方法

スポンサーリンク

f:id:mochimochifreedom:20191025205607j:plain

 

こんにちは!もち(@mochifreedom)です☆

 

便利な貼るだけマニキュアネイル incoco(インココ)☆

 

前回の記事では、インココネイルシールの貼り方などを紹介しました♪

www.mochimochifreedom.com

 

ただ、インココネイルシールの大きさは、アメリカンサイズなので、日本人にはどうしても余ってしまうことがほとんどです。

 

また次に使えるのはいいけど、乾燥して硬くなってしまうところが少しネック。

 

そこで今回は、乾燥して硬くなってしまったインココネイルシールを復活させる方法をお伝えします☆

 

 

【インココネイルシール】乾燥して硬くなってしまった時に復活させる方法

開封後どのくらい持つの?

インココ公式サイトによると開封後はすぐに使い切るようにおススメします」とあるので、余ってもせいぜい1~2週間ってところでしょうか。

 

そもそもマニキュアで作られたネイルシールなので、すぐ乾燥してしまいます。

 

私が購入したネイルシールも、1か月くらい経つ頃にはもう硬くなっていました・・・(+o+)

 

ちなみに開封であれば、3年間保管が可能らしいので、使いたい日ギリギリまで開けずに取っておく方が良さそうです。

 

救世主!ベース・トップコート

とはいえ、せっかく買ったのに捨てるのはもったいないし、どうにかして余ってしまったネイルシールを使いたい!!!

 

そこで登場するのが、ベース・トップコートです☆

by カエレバ

 

硬くなってしまったインココネイルシールを貼る方法

①インココネイルシールを貼りたい爪のサイズより少し大きめに切る。

 

②爪にベース・トップコートを塗る。

 

トップコートの上から、先ほど切ったネイルシールを貼る。この時、爪のカーブに無理に合わせようとすると、硬くなったネイルシールが割れてしまう可能性があるため、曲げすぎないように気を付ける。

 

④上からトップコートを薄めに塗る。すると、ネイルシールがふやけてくるので、ピンセットなどで爪と密着させる。(この時、トップコートを厚めに塗ると、乾きにくくなるので、厚塗りしすぎないように気を付ける。)

 

 ⑤十分乾かしたら完成♥

 

このやり方で、硬くなったネイルシールもこの通り!

f:id:mochimochifreedom:20191218174307j:plain

2019年秋の新作レオパード柄に、深いグリーンを合わせてみました♪

 

余ったネイルシールの保管方法は?

開封であれば、直接日光に当たらない場所で、高温多湿を避け室温で保管します。

 

使って余ったものに関しては、なるべく「空気に触れさせない」ように保管するのが◎

 

私は、ジップロックなどのジッパー付きビニール袋に入れて空気を抜き、できるだけ密閉するようにして保管しています!

 

こうすることで、あまり硬くなりすぎずに、多少は長持ちします♪

 

逆にベタベタするときの対処法

夏のシーズンなんかだとベタベタして貼りづらいってこともあります。

 

その場合は、一時的に冷蔵庫に入れて冷やすのがおすすめ☆

 

公式サイトには、室温15~25℃程度で貼るようにとあるので、日光の下など気温が高い場所に放置してしまうのはNGです!

 

 

【インココネイル】余って硬くなっても大丈夫!

デザインの種類が豊富なインココのネイルシールは、除光液で簡単にオフすることができ、気軽にネイルアートを楽しめます♪

 

ただ、余るとどうしても硬くなってしまうので、その場合は、ベーストップコートでふやかして使いましょう☆

 

一番は、なるべく早く(1~2週間くらい)使い切っちゃうことです!